2008年4月アーカイブ

rooms合同展No.16

| コメント(0)

若きクリエーター、コアなデザインブランドたちが集結!


先日、と言ってもかなり時間が経過してしまいましたが、
この前、合同展示会「rooms(ルームス)」に出かけたので、ファッションレポをさせて頂きます。
「rooms」は、独自に発信するクリエーターの世界観を「部屋=room」と捉えて、スタートした展示会で、日本一大きなファッション合同展示会です。
個性満ち溢れたクリエイターさんたちの部屋がたくさんあって、そこにバイヤーさんやジャーナリストさんが出入りして洋服やアクセ、シューズ、雑貨など見ていくのです。
新しい出逢いや五感を刺激する場を設けてくれます。
2000年から年に2回のペースで開催してて、今回はNo.16でした。本当に毎回たくさんのデザイナーさん、クリエーターさんに出逢い、刺激され、活力をもらい帰宅してます。
なにせ国内外318ブランドも出展しているのですから。だから会場にいた方々全員とお話しをすることはできず残念なのですが、いい出逢いが多いです。
皆さん本当に素敵な方々で、その方たちが創り上げる作品が素晴らしいのです。今回 出逢えた幾つかのブランドを少しですが紹介します。

今回の会場で最初にお話したのが「igo」。このブランドは、平面的なものをジュエリーに落としこんだり、立体的なものを平面に落とし込んでデザインしたリングやピアス、ネックレスなどを作っていました。素敵で面白い。

08041511.JPG 08041512.JPG

 

鳥をモチーフに制作した「Quir」。

0804151.JPG 0804152.JPG

 

それから「zakee shariff」。知り合いのスタイリストさんが身につけていて目を惹き、チェックしていたブランドでした。いつかお店に遊びに行こうと思っていたのですが、ココで出会えました。アーティストとして活躍するザッキーさんのアート作品をファッションに落とし込んで出来上がったものたちです。ユニークな色彩感覚が魅力で、ユニセックスのウェアからアクセサリー、インテリアなどありました。

0804156.JPG

その他、インテリアSHOPなどでよく見かける人も多いと思うのですが、指輪!?と思いきや実はマグカップ、という作品を手がけるブランド「floyd」や「floyd」と一緒のブースで出していた知人のブランド「amabro」。

08041514.JPG 08041513.JPG

 

それから以前に一緒にお仕事をしたことのある「REKISAMI」。「REKISAMI」のコートを持っているのですが、値段の割りに非常に出来がよい。流行に敏感で、その時々の感性で洋服を作るようです。フォークロア調なものが多いかな。 

0804153.JPG

それから美大卒の靴職人「OTO」、キレイな縫製でオリジナルのテキスタイルばかりの「mifrel」、アクセサリーブランド「e.m.」とコラボして作品を作ってたネクタイのブランド「giraffe」、ガムテープでお財布を制作していた「Poem」、チョコレートのように甘くて苦い、可愛くて可笑しなものを、チョコレートを食べながら作っています、とシャイな様子で語る「cikolata」デザイナー大石さん。「cikolata」は、ニットや原毛を使った人形やアクセサリーを制作。

0804157.JPG 08041516.JPG 0804159.JPG 0804155.JPG 08041515.JPG 0804158.JPG

まだまだ書き切れないのですが、写真を撮れたブランドなどを一部だけご紹介。
広がりの場です。今回紹介したのはホンノ一部で、日本の若いクリエーターさんだったり、

ブランドでしたが、海外からもたくさん参加されてました。

また、次回行った際に、素晴らしいブランドに出会えたら紹介させて頂きます。
"我もデザイナーに! "と言う方は、見に行くのではなく、作品を展示出店してみてもよいかもです。

色んな人に出会えるはず。


rooms http://www.roomsroom.com/

 

クリエイターズ マンション

最近のブログ記事

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

↑ページの先頭へ戻る